生酵素サプリ

生酵素サプリで下痢・肌荒れ?!実は好転反応かも!正しい知識で適切な対応を

更新日:

「やせ菌ダイエット」

 

として話題の生酵素サプリ。

気になっている人も多いことと思います。

 

ただ、口コミを見ていると

 

「飲んだ後でお腹が痛くなってしまった」

 

「ますます肌荒れがひどくなった」

 

というものがあります。

これらの書き込みを見ると、飲んでも大丈夫なのかどうか心配ですよね。

インターネット上での書き込みなので、実際のところどうなのかは判然としませんが、それでも不安になってしまいます。

 

実は、一見

 

「副作用?!」

 

と思ってしまう症状も、

 

「好転反応」

 

の可能性があります。

でも、好転反応ってどういうものなのでしょうか。

 

ここでは、生酵素サプリにおける好転反応についてまとめてみました。

どういう好転反応があるのか、また、その状況はどれくらい続くのか等、ぜひ参考にしてくださいね。

 

生酵素サプリの好転反応とは?

まずは、好転反応とはどういうことなのかについてご説明します。

 

好転反応というのは、身体が健康になる過程で起こってしまう反応です。

良い方向へ向けて変わっている最中に起こるもので、あくまでも一時的なものとなります。

 

身近に感じる例としては、マッサージや整体です。

マッサージや整体で、リンパの滞りを解消したり血行を良くしたりする施術を受けた後で、体がだるくなったり、痛みを感じたりしたことはありませんか。

このように体質を改善する際に、その反動が起きるのが好転反応です。

 

生酵素サプリではどういった好転反応が起きるのでしょうか。

生酵素サプリを使ってみると、酵素が活性化することで、血行が促進されたり、内臓の働きが正常となったり、体内でさまざまな変化が起こります。

そのように良い方向へと変化していく中で、体内に溜め込んでいた毒素を排出しようとします。

その時に表面化する反動が好転反応です。

 

便秘や冷え性で悩まされている人であれば、より強く好転反応を感じる可能性があります。

それは、体内に毒素が多く溜まっているからなのですね。

 

好転反応の症状とは?

下痢

生酵素サプリで起こりやすい好転反応の代表的な例が

 

下痢

 

です。

今まで便秘だった人には強く表れるようです。

 

生酵素サプリの栄養素であったり、生酵素サプリに配合されがちな乳酸菌の影響で、腸内の環境が改善されます。

そうすると、腸の中に溜まった老廃物を排出しようとします。

特に、これまで便秘だった場合はなおさらです。

このような、排出しようとする動きのせいで、一時的にせよ下痢が起きてしまうのですね。

 

肌荒れ

肌荒れとして現れる場合も、原理は便秘と同じです。

 

体内に蓄積されている毒素の解毒は通常、肝臓で行います。

それが何らかの理由により肝臓で解毒できない場合、毒素が混じった血液はそのまま体中をめぐることとなります。

そうなると皮膚の細胞は、毒素を排出しようと働くわけです。

 

身体の毒素を排出するために肌荒れが起き、ニキビや吹き出物に悩まされるようになってしまうのですね。

 

生酵素サプリを摂取することで、身体は毒を排出しようとします。

その働きが活発化すればするほど、肝臓での解毒がキャパオーバーとなってしまいます。

そうなった場合、皮膚が解毒しようと頑張ることで、結果、肌荒れとして表れるのです。

 

便秘

便秘も好転反応でよくみられる症状です。

主に体内の水分が不足することで起こります。

 

生酵素サプリは代謝機能を改善する効果があります。

代謝機能が改善されることで、身体はより多くの水分を消費します。

 

それが、これまで程度の水分補給しか行わないと、身体は水分を欲します。

足りない水分を補うために、便の水分を吸収してしまうようになります。

そうなると便が硬くなり、排出されにくくなって、便秘になってしまうのですね。

 

こうならないためには、水分補給をきちんと行う必要があります。

生酵素サプリを飲んでいる間は特に、水分の摂取量を増やしましょう。

たとえ喉が渇いていないようであっても、意識的に増やしてくださいね。

 

その他

下痢、肌荒れ、便秘が主な症状となりますが、他の症状も起こり得ます。

 

  • 眠気
  • だるさ・倦怠感
  • 発汗
  • 発疹
  • 発熱
  • 痛み
  • 吐き気

 

意外かもしれませんが、これらも好転反応として表れる可能性があるものです。

 

生酵素サプリで好転反応が起きたら

もし、これらのような好転反応が起きてしまったら、どうすればよいのでしょうか。

 

まずは一度、生酵素サプリを控えてみてください。

そして、様子を見てみましょう。

反応が収束したようであれば、再開してもよいですが、少量から始めましょう。

 

好転反応について解説をしているサイトの中には、症状がひどいわけでなければ飲み続けてもよいとしているものもあります。

でも、本当に好転反応なのか、すぐには判断できないですよね。

好転反応だと思っていたら、実は体質に合っていなかったということも考えられます。

ここは一旦、サプリの摂取自体をストップして、様子を見てみてくださいね。

 

好転反応か副作用かわからない

実際のところ、何か症状が起こった場合、

 

「これは好転反応なの?

それとも何か副作用なの?」

 

と悩んでしまうと思います。

好転反応も副作用も、同じような

 

  • 下痢
  • 腹痛
  • 発疹
  • かゆみ

 

が起こりがちだからです。

 

自分で判断できず、不安であれば、即医師に相談することをお勧めします。

ただ、自分で判断することもできるんですよ。

見分けるポイントは症状が継続している期間の長さです。

 

好転反応はどれくらいの時間継続するのか

頭痛が起きた場合、どれくらいなら耐えられそうですか。

1日2日であれば耐えられるという人も多いでしょう。

でもそれが1ヶ月続いたら…と考えてみてください。

それは耐えられないという人がほとんどだと思います。

 

好転反応は毒素が抜け切ったり、体が慣れたりすることで、つらいその期間は終焉を迎えます。

その期間を乗り切ることが出来れば、つらい症状はなくなります。

 

かと言って、そこを耐えられるかどうかは個人差が大きいですよね。

痛みに慣れやすい人であれば、長い期間耐えることが出来るかもしれません。

 

好転反応の場合、症状は1週間程度続くことが多いようです。

ここも個人差があり、数日で収まる人もいます。

とは言え、いずれにせよ我慢が必要ですね。

 

もしつらい症状が1週間以上続いて治る気配がないようであれば、好転反応ではない可能性もあります。

その際には医師に相談してください。

 

好転反応の段階を把握するのも大切!

好転反応が起きるということは、そのサプリは効果を表してきているということが言えると思います。

時に慢性病にかかっている人にとっては、その症状は顕著です。

その症状を乗り越えた先には体質改善が待っているので、慢性的な病気も回復していくのですね。

 

好転反応は大きく分けて4種類あります。

どのような症状があらわれるのか、事前に知っておくとよいですよ。

副作用なのか好転反応なのか、自分で予想することができます。

 

弛緩(しかん)反応

  • だるい
  • 倦怠感
  • 眠い

 

このような症状があらわれたら、それは

 

弛緩反応

 

です。

 

これまで健康的に活動できていなかった臓器が、本来の健康を取り戻し、機能を回復してくるとします。

他の臓器は、これまでその病的な症状に合わせて活動してきたのに、一つの臓器が健康になるにつれて、活動のバランスを崩してしまいます。

これは一時的なもので、少し時間を置くと安定が見られます。

 

過敏反応

  • 便秘
  • 下痢
  • 痛み
  • 発汗
  • 腫れ

 

こういった症状があらわれた場合、それは

 

過敏反応

 

だと考えられます。

 

最初は急性だったものがそのうち慢性化し、その状態で安定してしまいます。

そこに、病気に対しての強い援助が加わると、一時的に急性状態に戻ることがあります。

 

悪い箇所が1か所であるとは限りませんよね。

たとえば、胃・腸・肝臓の3か所の調子が悪い場合はどうなるのでしょうか。

 

その場合は、一番状態が悪いところの反応が、一番初めに出て来ます。

3か所のうち腸に最も問題があるようであれば、最初に腸に反応が起こります。

それから、腸の症状は落ち着いていきます。

 

腸の反応が落ち着いたと思いきや、今度はその次に悪い肝臓の不調を感じる、といったように順序付けられて反応があらわれるのですね。

 

特にそのような反応が起こりやすい病気は、リウマチ、神経痛、痛風などです。

このような病気は、時間をじっくりかけて根気強く完治させなければなりません。

 

排泄反応

  • 発疹
  • 吹き出物
  • 皮膚の変化
  • 目やに
  • 尿の色が変わる

 

これらの症状が起きた場合は、

 

排泄反応

 

だと思われます。

 

身体が解毒している作用の表れです。

老廃物の毒素、疲労素を分解し、排泄している証拠として、汗、尿、便、皮膚に表れています。

 

回復反応

  • 発熱
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 痛み
  • だるさ

 

これらがあらわれた場合、それは

 

回復反応

 

でしょう。

 

血行が改善されると、うっ血していた汚い血液が体をめぐり始めます。

その最初の過程で上記のような反応があらわれることがあります。

そのうち血液は浄化されますので、血行が良くなってくるにつれ、体調は回復します。

 

まとめ

好転反応についてご説明してきました。

 

一見すると、副作用か好転反応か見分けにくい症状もありますね。

迷った場合はその症状が続いている期間に注目してみましょう。

1週間以上続くようであれば、好転反応ではなく、

 

「体質に合わない」

 

「副作用」

 

といった可能性も考えられますので、医師に相談してくださいね。

 

身体が良い方向へと向かう過程で起こるのが好転反応です。

生酵素を摂取することで、体質が改善され、その過程で好転反応が起こるかもしれません。

悩ましい症状があらわれた場合は、今回の記事を参考にしていただいて、好転反応なのか、それとも副作用なのかをしっかりと見極めて対応してくださいね。

 

*生酵素サプリでどれを買ったら良いのかランキングをチェックしよう!

生酵素サプリランキング
【人気生酵素サプリおすすめ比較】1番痩せるのはどれ?ダイエットに適した口コミ話題ランキングTOP5

最近は酵素ブームですね。 最初は酵素ドリンクが人気だったのですが、今現在は生酵素サプリメントの人気が急上昇しています。 ...

続きを見る

-生酵素サプリ

Copyright© 【リアル検証】人気生酵素サプリおすすめランキング2019 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.